★WEBページ上の在庫数について★当店の商品は直営店との共有の在庫となっており、商品の中には倉庫ではなく店頭に並んでいる商品が存在します。随時掲載商品の在庫数は店頭に合わせ更新を行っておりますが、リアルタイムでの反映が難しく、ご注文時点で店頭にて販売がされたこともございますので、在庫が確保できない場合、お詫びのメールをお送りすると共に、キャンセルや入荷待ち、代替品などのご案内をさせていただいております。納期をお急ぎの場合は在庫数について事前にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。 お客様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 上記のとおり、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

AVRトランジスタテスターキット [K-TT9V]

AVRトランジスタテスターキット [K-TT9V]

販売価格: 1,450円~1,670円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

選択 在庫
AVRマイコン無し
AVRマイコン [ATMEGA328P-PU]付き
AVRマイコン [ATMEGA8A-8PU]付き
選択:

販売価格: 1,450円~1,670円(税別)

数量:
●概要

多機能テスター、液晶表示、9V

●仕様・機能

オープンソースハードウェアプロジェクト「AVR Transistortester」ベースのAVRトランジスタ測定キット、組み立てキットシリーズ、部品1式、基板付き、部品を基板に半田付けして使用する、詳細マニュアルがついていないので回路図(準備中)とパーツレイアウト図を見ながら作成できる方にお勧め、機能:トランジスタテスタ/ダイオード・トライオード・コンデンサESRメーター/ MOS/PNP/NPNメータ/ LCRメーターとして使用できる(※1)、対応マイコン:ATMEGA8/168/328、動作周波数:8MHz、動作電源:9V(9V電池は付属なし)、基板寸法:81.0x54.7x1.2mm、ご注意:使い方についてはサポート対象外、表記価格:1



●バリエーション

AVRマイコン無し
AVRマイコン [ATMEGA8A-8PU]付き(※1)
AVRマイコン [ATMEGA328P-PU]付き(※1)

●構成部品一覧

1/4W抵抗(RLED):10Ω(x1)
1/4W抵抗(R1、R3、R5):680Ω(x3)※精度1%
1/4W抵抗(R13):1KΩ(x1)
1/4W抵抗(R11):2.2KΩ(x1)
1/4W抵抗(R9):3.3KΩ(x1)
1/4W抵抗(R8、R14):10KΩ(x2)
1/4W抵抗(R12):27KΩ(x1)
1/4W抵抗(R10、R7):100KΩ(x2)
1/4W抵抗(R2、R4、R6):470KΩ(x3)※精度1%
半固定抵抗(3296):10K(x1)
セラミックコンデンサ(C2、C3):220(x2)
セラミックコンデンサ(C1、C2、C4、C5):104(x4)
3MMLED:赤 (x1)
トランジスタ(Q1、Q2):2N3904(x2)
クリスタル(HC49S):8.000MHz(x1)
タクトスイッチ(TEST START):12x12(x1)
スライドスイッチ(SW2): SS12D07-HL(x1)
基板コネクタ(2.0mm/サイド型/PH-K-S):2P(x1)
2.54mmピッチ単列ピンソケット(J3):16P(x1)
2.54mmピッチ単列ピンヘッダ:40P(x1)
STNキャラクタ液晶(16x2) [1602A-V2](x1)※色指定不可
ターミナル(φ4.0):T37512B(x3)※色指定不可
低消費電力LDO (ME6209):5.0V(x1)
ICソケット(300MIL):28P(x1)
IC(IC1B):MOSFET [SI2301](x1)
基板:(x1)

※樹脂ナットは別売品
※SOT-23パッケージのIC1Bと左側のTO-92パッケージのP-CHは同一部品です。
どちらか一つお取り付けください。
添付品はSOT-23パッケージのPチャネルMOSFET [SI2301]です。

●詳細を見る





●注

(※1)ファームウェア書き込みなし。ユーザー側でファームウェアを入手してAVRマイコンに書き込む必要があります。
ファームウェア書き込み方法:
1.ファームウェアの入手先
2.超小型プログラマー [TL866CS]を準備します。
3.ダウンロードしたファームウェアの中から、ATMEGA8/168/328対応ファームウェアTransistorTester.eepとTransistorTester.hexを探し出します。
4.TL866CSで(1)TransistorTester.eep、(2)TransistorTester.hexとの順番でATMEGA328に書き込めば完了になります。TL866CSを使わない書き込み方法もございますのでお好みでお作りください。