ウルトラスモールai.jam [K-FDH28SS]

ウルトラスモールai.jam [K-FDH28SS]

販売価格: 450円(税別)

参考在庫数 52点
数量:
●概要

12.7x18.4、ウルトラスモール、組み込み



●仕様・機能

[LPC1114FDH28/102]を使用してIchigoJam用に特化した最小構成マイコンモジュールを作るためのキット、部品1式、基板付き、部品を基板に半田付けして使用する、詳細マニュアルがついていないので回路図(準備中)と部品レイアウト図を見ながら作成できる方にお勧め、基板寸法:12.7x18.4x1.2mm、接続可能なインターフェース(2.54mmピッチ、DIP-10):VIDEO出力、PS/2、+3.3Vと+5V、BTN、LEDのみになります、表記価格:1





●構成部品一覧

表面実装1206サイズ抵抗:470Ω(x1)
表面実装1206サイズ抵抗:100Ω(x1)
表面実装1206サイズ抵抗:1MΩ(x1)
表面実装1206サイズ抵抗:330Ω(x1)
表面実装1206サイズコンデンサ:106(x2)
電圧レギュレータ:1117/3.3V/SOT89(x1)
チップLPC1114FDH28/102(ファームウェア書き込み無し)(x1)※バリエーションあり
基板(x1)

●ピンアサイン



●挑戦!USBビデオキャプチャーと合体させる


USBビデオキャプチャーへの組み込みを試してみました。サポート対象外となりますのでご注意ください。ご注意:対応しないUSBビデオキャプチャーがあります。


接続全体イメージです。必要な部品:PS/2コネクタリード線6〜7本熱収縮チューブ


キャプチャーのカバーを開けて、電源レギュレータ1117が実装されていることを確認できます。ここからウルトラスモールai.jamの動作に必要な3.3Vと5Vを取り出すことができます。ウルトラスモールai.jam基板にも3.3V出力レギュレータが付いていますが、キャプチャー基板からの3.3Vを利用する場合、ai.jam基板のレギュレータチップとコンデンサ106(x2)は取り付け不要になります。


キャプチャー基板の5V電源です。


元ケーブルを流用してキャプチャーからのVIDEO信号をウルトラスモールai.jam基板のHOTとGNDに接続します。


リード線でPS/2コネクタ(CLK、GND、DATA、5V)をai.jam基板に接続します。


安全のためにai.jam基板を絶縁テープなどで包んでからキャプチャーケースに組み込みます。カバーを閉めて完成になります。


パソコンのUSBスロットに差し込んでキャプチャソフトウェアを立ち上げて...