★WEBページ上の在庫数について★当店の商品は直営店との共有の在庫となっており、商品の中には倉庫ではなく店頭に並んでいる商品が存在します。随時掲載商品の在庫数は店頭に合わせ更新を行っておりますが、リアルタイムでの反映が難しく、ご注文時点で店頭にて販売がされたこともございますので、在庫が確保できない場合、お詫びのメールをお送りすると共に、キャンセルや入荷待ち、代替品などのご案内をさせていただいております。納期をお急ぎの場合は在庫数について事前にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。 お客様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 上記のとおり、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

★EASY版★フルバンドDSPラジオ [K-M6959A]

★EASY版★フルバンドDSPラジオ [K-M6959A]

販売価格: 1,500円(税別)

在庫切れ
●概要

作りやすい、フルバンド、3V

●仕様・機能

実装済みDSPラジオモジュール(18バンド) [M6959]を使ってらくらくDSPラジオを作る、2.0mmピッチ以下の部品が使われていないので超〜らくらく、作りやすい構成・設計、誰でもDSPラジオ作りの楽しさをご体験いただける、部品一式、部品を基板に半田付けをして完成になる、詳細マニュアルがついていないので基板シルクと部品配置図面を見ながら作成できる方にお勧め、電源は別途ご用意ください、受信バンド:FMバンド=4モード、(1)87〜108MHz、(2)70〜93MHz、(3)174.75〜222.25MHz、(4)56〜91MHz、基板ジャンパーで設定;AMバンド=520〜1710KHz、基板ジャンパーで設定、SWバンド=13段、基板ジャンパーで設定、音量調整:ボリューム、出力レベル設定(JP2)、チューニング:ボリューム、チューニングLEDインジゲータ、出力:2通り、(1)φ3.5mmオーディオジャック、(2)外付けスピーカユニット※別売品、基板パターンアンテナジャンパー(JP6)、外付けバンドスイッチインターフェース(J6)、スピーカ接続インターフェース(J5)、動作電源:3V、単3/単4電池(x2)※付属なし、基板寸法:105x71x1.2mm、表記価格:1



●構成部品一覧

1/4W金属皮膜抵抗(R3):1KΩ(x1)
1/4W金属皮膜抵抗(R5-R21):10KΩ(x17)
1/4W金属皮膜抵抗(R1、R2):15KΩ(x2)
1/4W金属皮膜抵抗(R4):22KΩ(x1)
セラミックコンデンサ(C2):104(0.1uF)(x1)
電解コンデンサ:25V 470uF(x1)
ピンヘッダ(2.54mm/2列/80P):PH254D-B6-80P(x1)※色指定不可
ピンヘッダ:PH254S-B6-40P(x1)※色指定不可
2.54MMピンソケット:5P(x2)
2.54MMピンソケット:6P(x2)
可変抵抗(WH12113):50KΩ(x2)
スライドスイッチ:SS12D07(x1)
オーディオジャック:PJ-307(x1)
端子台(TB058):2P(x1)
φ5mm LED(LED1):赤(x1)
φ5mm LED(LED2):緑(x1)
ヒューズホルダ:FH5x20(x2)※バーアンテナ固定用
カラージャンパー:JUMPER-2.54L-10P(x6)※色指定不可
高感度バーアンテナ:BANT-8x3L50-340UH(x1)
DSPラジオモジュール:M6959(x1)
専用基板:(x1)

※樹脂ナット(M3)、電池ボックスBHT3-2 or BATTERYBOX-T4-2とスピーカユニットSPK-8OHM3W-3070 or SPK-8OHM2W-4070は付属対象外になります。



●作成参考


電源供給:3通り、(1)基板コネクタ(2.0mmピッチ2P)、(2)基板コネクタ(2.54mmピッチ2P)、(3)端子台(5.08mmピッチ2P)、標準付属品は5.08mmピッチ2P端子台


フェライトバーアンテナの固定:(1)付属金属ホルダを基板に半田付ける、(2)フェライトバーをホルダに装着します、(3)アンテナコイルのリード線を基板に半田付ける


外付けバンドスイッチ(発売予定)を接続するためのインターフェース、2.54mmピッチ6P、タイプ1タイプ2の2方式とも使用可能


FMバンド&SWバンドアンテナジャンパー、ジャンパーを取り付けて基板パターンアンテナが接続されます。


FMバンドジャンパー:ジャンパーを取り付けて基板バンド設定(タイプ1)が有効になります。必ず取り付けてください。


FMバンド&MWバンド設定ジャンパー:FMバンド=4モード→(1)87〜108MHz、(2)70〜93MHz、(3)174.75〜222.25MHz、(4)56〜91MHz、一番左のジャンパーはMWバンドです。


オーディオ出力レベル設定:J1/J2を取り付けて出力レベルが最小、J1/J2を取り付けない、出力が最大



実装済みモジュールの取り付け:(1)ピンヘッダをハンダ付ける、(2)基板にピンソケット(5P+6P)を取り付ける、(3)モジュールをソケットに装着します。


SWバンド設定ジャンパー、SWバンド=13段、(SW1)SW3+SW4+SW5+SW6、(SW1)3.2〜4.1MHz、(SW3)4.7〜5.6MHz、(SW4)5.7〜6.4MHz、(SW5)6.8〜7.6MHz、(SW6)9.2〜10MHz、(SW7)11.4〜12.2MHz、(SW8)13.5〜14.3MHz、(SW9)15〜15.9MHz、(SW10)17.4〜17.9MHz、(SW11)18.9〜19.7MHz、(SW12)21.4〜21.9MHz、(SW13)SW7+SW8+SW9+SW10


オーディオ出力:φ3.5mmステレオジャック、電源スイッチ


チューニングボリューム


音量ボリューム


電源指示LED&チューニング指示LED


外付けスピーカ:リード線で接続、M3樹脂ナットで固定

●フェライトバーアンテナコイルの接続について

付属フェライトバーアンテナの仕様は出荷時期・ロットが異なっています。主には2線式、3線式と4線式の3つの種類があります。2線式はそのままリード線x2本を基板に半田付けます。3線式の場合、真ん中のリード線が使用しません。4線式の場合、真ん中のリード線x2本を繋いて、両側のリード線x2本を基板に半田付けます。




電池ボックスは基板の後ろからネジ(M3/サラネジ)で止めることができる。