★WEBページ上の在庫数について★当店の商品は直営店との共有の在庫となっており、商品の中には倉庫ではなく店頭に並んでいる商品が存在します。随時掲載商品の在庫数は店頭に合わせ更新を行っておりますが、リアルタイムでの反映が難しく、ご注文時点で店頭にて販売がされたこともございますので、在庫が確保できない場合、お詫びのメールをお送りすると共に、キャンセルや入荷待ち、代替品などのご案内をさせていただいております。納期をお急ぎの場合は在庫数について事前にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。 お客様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 上記のとおり、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

RS232-485変換 [RS232-485-S]

RS232-485変換 [RS232-485-S]

販売価格: 1,580円(税別)

参考在庫数 4点
数量:
●概要

RS232-485変換、2線接続、外部電源無しで使用可

●仕様・機能

RS-232インターフェースのシリアルTxD/RxD信号をRS-485差動信号へ変換するアダプタ、接続方法としては、変換アダプタ2台で「パソコンのシリアル→変換アダプタ(本製品)<=>変換アダプタ(本製品)←パソコンのシリアル」のような「1対1」という形で使用できるが、変換アダプタ1台に最大32台の装置を芋づる式に接続する「マルチドロップ」のような「1対N」という形でも使用できる、通信距離:最大1000米、データレート:300-115,200、RS-232側接続インターフェース:Dサブ9P端子(メス)、RS-485側接続インターフェース:5.08mmピッチ4P端子台、動作電源:(1)RS-232C側のRTS、DTRがオンになっているとき電源として使用でき、いずれかが常時オンになっていれば外部電源は必要ない。(2)RS-232C側のTxD、RxD、GNDのみが接続される場合は、RS-485側のVCCとGNDの間に5-12V電源を供給する必要がある、外部寸法:56.2x36.0x19.0mm、表記価格:1

●ピンアサイン


(RS-232側):1.DCD、2.RxD、3.TxD、4.DTR、5.GND、6.DSR、7.RTS、8.CTS、9.RI


(RS-485側):485+、485-、GND、VCC

●詳細を見る







●接続方法


(→)1対1


(→)1対N

●RS-485とは

電圧の一方が「1」レベルであれば、もう一方は「0」レベルを示す2線間電圧の違い(差動信号)によってデータを伝送する。2線式、半二重、マルチポイントシリアル接続を特徴とするローコストのシリアル通信手法である。延長距離1Kmを超える自由度、32台までマルチドロップ接続が可能となっている。RS485の信号線は2つのピンから構成されて「+」はTD+/RD+、「-」はTD-/RD-と呼ばれている。2つのピンはしばしばA/Bや485-/485+という文字がつけられる。データ・レートが低いほど、より長いケーブルを使うことができる。通信距離が長い場合、ツイストペアケーブルを使用しないとRS-485の特性が発揮されないことがあるが、通信距離が短い場合、普通の単芯線や平行線でも対応できる。