モールス符号練習機 [AKIT-MCT555B]

モールス符号練習機 [AKIT-MCT555B]

販売価格: 395円(税別)

参考在庫数 65点
数量:
●概要



●仕様・機能

短点と長点の組み合わせだけで構成されている単純な符号で電文を伝達するモールス符号は1832年、アメリカの発明家モールス(S.F.B.Morse)によって考案された。日本では、総務省令無線局運用規則別表第1号に和文と欧文の符号が定められ、無線従事者国家試験において、総合無線通信士は和文および欧文の送受信の、国内電信級陸上特殊無線技士は和文の送受信の実技試験があり、また第一級・第二級・第三級アマチュア無線技士では法規の中でモールス符号に関する知識が問われる、モールス符号練習機キット、基板と部品の1式、部品を基板に半田付けして使用する、詳細マニュアルがついていないので回路図と基板パターンを見ながら作成できる方にお勧め、単三電池4本を別途用意してください、動作電源:6V、※使用時、電鍵として使用されるマイクロスイッチを適切に固定する必要がある、表記価格:1

●構成部品一覧

1/4W抵抗(R1):1KΩ(x1)
1/4W抵抗(R3):3.3KΩ(x1)
1/4W抵抗(R2):15KΩ(x1)
セラミックコンデンサ:473(x1)
電解コンデンサ:16V〜25V10uF(x1)
5MMLED:赤(x1)
ターミナル(5.08):2P(x2)
スライドスイッチ:SS12D07(x1)
マイクロスイッチ:ATD-KW7-9(x1)
ピンヘッダ(2.54):2P(x1)
リード線:150MM(x4)
電池ボックス:BHT3-4(x1)
スピーカ(8Ω0.5W): 8Ω0.5W(x1)
IC ソケット(300MIL):8P(x1)
チップIC(DIP-8):NE555(x1)
基板:(x1)
※電池(単三4本)は別売り




⇩終了版