極貧ブートローダ書き込み機 [K-GHWRT]

極貧ブートローダ書き込み機 [K-GHWRT]

販売価格: 195円(税別)

参考在庫数 9点
数量:
●概要

超簡単、超シンプル、optifix書き込み

●仕様・機能

ブートローダoptifix書き込み機きっと、部品を基板に半田付けして使用する、詳細マニュアルがついていないので基板シルクや部品配置図を見ながら作成できる方にお勧め、基板寸法:52x16.5x1.2mm、表記価格:1



●構成部品一覧

クリスタル:16MHz(x1)
セラミックコンデンサ:22pF(x2)
ICソケット:28P/300MIL(x1)
2.54mmピッチ6P(x1)
1/4W抵抗:10KΩ(x1)
基板(x1)

●詳細を見る





●使用方法

<ブートローダを書き込む>

極貧ブートローダ書き込み機を組み立てます。
optifixをダウンロードして、解凍したアーカイブをArduino IDEフォルダにあるlibrariesフォルダにコピーしておきます。optiLoader.hをテキストエディタで開き、1行目を #include <WProgram.h> → #include <Arduino.h>に書き換えます。
Arduino UNOを用意して、Arduino IDE を起動します。optifixスケッチをArduino UNOに書き込みます。
極貧ブートローダ書き込み機をArduino UNOに取り付けます。
書き込みたいAVRチップを装着します。
Arduino IDEで「ツール」→「シリアルモニタ」を起動して、ボーレートを19200に変更します。
シリアルモニタの送信エディットボックス欄に「G」を入力して「Send」ボタンを押します。すると、マイコンへのブートローダーの書き込みが再実行されます。下記のように表示されてればOKです。