電圧低下監視警報機キット [K-358B]

電圧低下監視警報機キット [K-358B]

販売価格: 495円(税別)

参考在庫数 7点
数量:
●概要

6〜12V、2通り設定、便利

●仕様・機能

電池などの電源が消費され電圧が設定した電圧値より低くなった場合、LEDが点灯してブザーが鳴る警報キット、監視可能な電圧範囲:6〜12V、LM358を搭載、、部品を基板に半田付けをして完成になる、詳細マニュアルがついていないので基板シルクと部品配置図面を見ながら作成できる方にお勧め、電源は別途ご用意ください、基板寸法:50x50x1.2mm、表記価格:1



●構成部品一覧

1/4W抵抗
・R4:1KΩ(x1)
・R2、R6:4.7KΩ(x2)
ダイオード
・(D1):1N4007(x1)
・(D2):5.1V(x1)
可変抵抗(VR1):RM065-V1/10KΩ(x1)
スライドスイッチ:SS-12D00-1P2T(x1)
端子台:TB058/2P(x2)
φ5mmLED:(x1)
ブザー:(x1)
トランジスタ:S9014-C(x1)
ICソケット(300mil):8P(x1)
IC:LM358(x1)
専用基板:(x1)
※樹脂ナット(M3)は付属対象外です。



●作成・使用について

LED点灯&ブザーが鳴る電圧を設定します。
例:9Vより低くなったら動作するようにします。
方法(1):
DC-IN+端子より9V電源を入力します。電源スイッチONにして、半固定抵抗VRを回してLEDが点灯する状態から消灯状態に変わったら、設定が完了になります。
方法(2):
V-SETUP端子の出力電圧を測ります。半固定抵抗VRを回してV-SETUP端子の出力電圧が5.78Vぐらいになった時、入力電圧が9Vより低くなった時動作します。出力電圧が6.05Vぐらいに設定したら、入力電圧が12Vより低くなった時動作します。