★WEBページ上の在庫数について★当店の商品は直営店との共有の在庫となっており、商品の中には倉庫ではなく店頭に並んでいる商品が存在します。随時掲載商品の在庫数は店頭に合わせ更新を行っておりますが、リアルタイムでの反映が難しく、ご注文時点で店頭にて販売がされたこともございますので、在庫が確保できない場合、お詫びのメールをお送りすると共に、キャンセルや入荷待ち、代替品などのご案内をさせていただいております。納期をお急ぎの場合は在庫数について事前にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。 お客様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 上記のとおり、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

受信モジュール(315MHz) [RX315-ZR4]

受信モジュール(315MHz) [RX315-ZR4]

販売価格: 350円(税別)

ピンヘッダの取り付け 在庫
ストレート
アングル
ピンヘッダ無し
ピンヘッダの取り付け:

販売価格: 350円(税別)

数量:
●概要

TTL出力、2.54mmピッチ4P接続、動作電源:3-5V

●315MHz送信・受信モジュールとは

315MHz帯の免許を要しない微弱電波を使用したデータ伝送モジュールです。遠隔リモコン、モデム、その他の電子機器のリモートコントロール及びコンピューターのデータ通信のように一定のデータまたは制御信号を無線伝送方式で送信・受信を出来るようにしてくれる無線機用モジュールです。周波数帯が異なるため、無線LANや無線インターネットなどのホームネットワークとして使用されている2.4GHz/5.4GHz帯への干渉の心配がありません。動作は非常に簡単です。送信モジュールの電源(Vcc, GND)を接続し、dataピンにHi/Lo のデジタル出力信号を与えます。受信モジュールの電源(Vcc, GND)を接続し、dataピンよりロジックレベルでHi/Lo のデジタル出力信号が出力されます。送信・受信モジュールはマイコンCPUに接続して様々な無線制御システムを構築することができますが、エンコーダ/デコーダチップを使用すればプログラミング不要で無線制御システムを作成することができます。



●機能・仕様

315MHz帯受信機、RFモジュール、アンテナからの信号を増幅して感度を上げる非同調式の高周波増幅回路で増幅した受信信号を超再生検波し、オペアンプを使ったデータコンパレーターで波形整形+TTLレベルに変換、PT2272やSC2272などのデコーダチップを使ってプログラミングなしで無線スイッチを作成することができるが、MCUに接続して応用がさらに広がる、出力:TTL、Hi/Loのデジタル、動作電源:3.3-5V、接続:2.54mmピッチ4P、アンテナは20cmのビニール線またはピアノ線などを使用している。まっすぐ垂直に立てられた状態で最大感度に、アンテナの状態は安定動作に影響を与えるのでアンテナの形状が固定されるようお勧め、受信モジュールは周囲との距離は出来るだけ2-3cmほど離してください。CPUの種類や取り付け場所によってはノイズを受けて、距離が出ない場合がある。テレビやラジオなどのノイズを受信するのでプログラミングでフィルタリングする必要がある、参考回路(デコーダチップに接続)、外形寸法:20.0x17.5x8.5mm(ピンヘッダを含む)、表記価格:1

●詳細を見る



(↑)ストレート


(↑)アングル

●簡易動作確認



抵抗とLED各1本で簡単に動作を確認することができる。LEDブレークアウト基板[10LED]を使えば接続が簡単になる。上記写真のように抵抗とLEDをモジュールのDATAとGNDの間に直列接続する。抵抗は200Ω〜1KΩ程度です。GNDとVCCの間に5V程度の電源を供給する。315MHz出力送信機(任意)のボタンを押して、LEDが点灯する。※送信機からの信号がなくてもLEDが点滅する場合がある。これは環境からのノイズを受信して「誤動作」を示すものです。



●リモートスイッチを作ろう



この受信モジュールにデコーダチップPT2272やリレーモジュール(1ch/5V)キット[AKIT-218] を加えて、リモードスイッチを作って見る。回路は非常に簡単です。D0-D3に4台リレーモジュールを接続することができる。PT2272にペアリングできる4チャネル送信機を使って4回路制御できる。発振抵抗Roscは送信機にペアリングできる抵抗値にする必要がある。

●注

出力は電圧やアンテナによって大きく変わる。データレートはアンテナ、障害物、電波環境などによって大きく変化する。国内の電波法においては微弱無線の電界強度が規定されていることにご注意ください。アンテナから3mの輻射電界強度が「500μV/m以内」が微弱無線の規定です。電圧を下げたり、アッテネータで出力を調整してください。発信側は規定がありますが、受信側については規定がありません。アンテナを大きくしてより感度を上げることは自由です。いろいろなノイズの影響を受け、受信できないことやノイズを受信することがある。構造上簡易的なものですので生命維持や交通、運輸、防犯などの用途にお使いになられても責任は一切負えません。