★315MHz/4ch★デコーダ搭載RF受信モジュール [RF315-9915]

★315MHz/4ch★デコーダ搭載RF受信モジュール [RF315-9915]

販売価格: 580円(税別)

(税込: 638円)

動作モード 在庫
L4
M4
動作モード:

販売価格: 580円(税別)

(税込: 638円)

数量:
●概要

●仕様・機能

デコーダチップSC2272を搭載した315MHz帯受信モジュール、出力:TTLレベル信号x4ch、8ビットアドレスコード設定、動作電源:5V、対応送信機:HS2262/HS2260A/SC2260/PT2262/CS5211など、外形寸法:48.0x26.0x8.0mm、動作モードはM4モード(モーメンタリー)かL4モード(ラッチ)からお選びいただけます、表記価格:1



<アドレスコード>

送信機と受信機をペアリングさせるために同じアドレスコード(個体の認識コード)を設定する必要がある。設定しなくてもデフォルトの設定値で使用することができるが、複数台使用時、それぞれ異なるアドレスコードを設定しないと送受信機の動作が混乱になることが考えられる。設定方法は製品によって異なるが、ジャンパーやDIPスイッチなどを使って簡単に設定することが出来るものがあるが、大抵の場合は、基板上のパターンを半田付けでショットさせる作業になる。Hと書かれているピンはHighレベルピンです。Lと書かれているピンはLowレベルピンです。ICのアドレスコードピン(A0〜A8)をHピンにショットさせてアドレスコード値に1を割り当てるとすれば、Lピンにショットさせるとアドレスコード値が0となる。こうして8桁(搭載チップ・回路構成の違いがあり、4桁や6桁の仕様もある)のアドレスコードを、例えば10010110のように設定することができる。送受信側に同じアドレスコードを設定すればOKです。



<動作モード>

動作モードが固定されて単一動作モードとなっている受信機があるが、基板ジャンパーで設定して複数モードで動作する受信機もある。主な動作モード:
(1)モーメンタリー (Momentary)モード:跳ね返り、送信機のボタンを押した間のみリレーがON となる、押した送信機のボタンから離すとリレーがOFFとなる。グループリレーの場合は、それぞれのチャネルは同時に動作することができない、(2)ラッチ(Latch)モード:送信機のAボタンを押して対応リレーがONとなる。A以外のボタンを押してリレーがOFFとなる。グループリレーの場合は、それぞれのチャネルは同時に動作することができない。

<ペアリング>

送受信機のペアリング相手は搭載エンコーダ/デコーダチップ及び実装発振抵抗(Rosc)値で決めます。相手になっていないペアを使用する時、うまく受信できないか、動作状態が不安定、通信距離を大幅に縮小する、と言った問題点が生じます。ペアリングチップ一覧と発振抵抗値(Rosc)表をご参考のうえ、ペアリング相手をお選びください。



<簡易動作確認>



抵抗とLED各1本で簡単に動作を確認することができます。上記写真のように抵抗とLEDをモジュールのVTとGNDの間に直列接続します。抵抗は200Ω〜1KΩ程度です。GNDとVCCの間に5V程度の電源を供給します。対応送信機(SC2262/PT2262などの対応エンコーダチップを搭載するもの)のボタンを押して、LEDが点灯すればOKです。データ出力ピン(D0-D3)の確認も同じようにDATAピンとGNDの間に抵抗とLEDを直列接続して、受信があればLEDが点灯します。